絵画の夢


夢占い事典目次

絵画の夢

      

基本的な意味
絵画の夢は基本的に、自分自身の精神状態や近い未来などを象徴・暗示しています。絵の中には、様々な無意識の感情や将来への見通しなどといったものが表わされています。それこそ、近い将来に起こりそうなことが具体的に、夢の中の絵として描かれていることもあります。

絵を描く夢
絵を描く夢は、周りに自分をもっと知ってもらいたい、もっと自己表現をしたいという願望を暗示します。具体的に何を表現したいかという願望は、絵の内容などにより、異なります。

描いた絵を褒められる夢
描いた絵を褒められて、喜んでいる夢は、あなたが周りから高く評価されていることをあらわしています。また運気の上昇を暗示する吉夢でもあります。
描いた絵を褒められたけれども、うれしくない夢は、あなたが現実では低い評価をされている暗示になります。ただ、その低評価の理由も、あなたの実力が足りないからではなく、運の悪さやタイミングの悪さなどが原因だったりします。そこでネガティブにならず、地道に前向きな努力を続けたり、活躍の場所を変えたりすることで、あなたの実力が発揮される可能性も大いにあります。

桜の絵の夢
桜の絵の夢は、絵を見る夢の場合、引っ越しや転勤などの外部的要因による身近な人との別れを暗示します。満開の桜の絵や見事な桜の木が描かれた絵を見る夢は、あなたの運気が上昇することを暗示します。桜の絵を描く夢は、現状に不満を感じていて、自分の望む成功に向かって模索していることを暗示します。描いた桜の絵が満足なものだった場合、望んだ成功を得ることが出来ます。

片想いの相手の絵の夢
絵を見るだけの場合でも、描く場合でも、相手に自分の気持ちを分かってもらいたいという願望を表します。

自分の絵の夢
自画像を見る夢は、とにかく自分をもっとアピールしたい、とにかくもっと自己表現をしたいという気持ちを暗示します。具体的には、自分の努力や才能を認めてほしい、片想いの相手に自分の気持ちを分かってほしいといったものになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA