美術館の夢


夢占い事典目次

美術館の夢

       

基本的な意味
美術館の夢の基本的な意味は次のようになります。まず美術館に展示されている絵は、自分自身の精神状態を表します。そのことから、美術館の夢は自分の内面を見つめようとする気持ちを象徴します。また絵は展示されて、人に見られるものでもある事から、自分を見てほしい・自分の心の内を誰か理解してほしいという気持ちも暗示しています。

美術館に行く夢
美術館に行く夢は、落ち着いた静かな環境で自分を見つめ直そう、自分を客観視しようという気持ちがあることを暗示しています。

美術館で絵を鑑賞する夢
美術館に行く夢と同じで、静かな落ち着く環境で、自分を客観視しようという気持ちがあることを暗示します。

美術館で他の人が絵を鑑賞しているのを見る夢
あなたが周りの人に、自分を見てほしい、自分の気持ちを理解してほしいと考えていることを暗示します。絵を見ている人が知人などなら、その人に自分を見てほしい分かってほしいと思っていることを暗示します。

美術館で見た絵画や彫刻などが印象に残る夢
特定の画家や彫刻家の作品なら、あなたがその画家などから連想出来ることが判断のポイントになります。また絵画や彫刻など、明るい絵・暗い絵・怖い彫刻といった作品の特徴があれば、その特徴が、今の自分自身にとって何らかの意味がある判断材料になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA