友人の夢


夢占い事典目次

友人の夢

        

基本的な意味
友人の夢は基本的に、自分自身を指す自分自身の分身的なものを象徴しています。夢の中の友人に起きた出来事や友人の状況は、今の自分自身の状況や将来の自分自身の状況を暗示します。

友人と会う夢
友人と会う夢は、対人運の上昇を暗示します。その友人が親友なら、その友人は今後もあなたを助けてくれる大事な友人になります。

友人と話す夢
友人と楽しく話す夢は、対人運が好調で、人間関係が充実していることを暗示します。また異性の友人と楽しく話している夢は、恋愛運アップを暗示します。反対に、楽しそうな雰囲気ではなく、暗い感じで淡々と話をしていた場合、その友人と決別する時が来るかもしれないことを暗示しています。友人と別れる原因は、あなたにあるかもしれません。反省すべき点や改めるべき点がないかを、考えてみると良いかもしれません。

異性の友人の夢
恋人や片想いの相手の分身として登場します。異性の友人と恋人のように仲良くする夢は、恋に恋する恋愛願望を暗示します。

友人と喧嘩をする夢
友人と喧嘩をする夢の友人は、自分自身の分身で、今までの自分とは違う新たな考え方の自分が生まれつつあることを暗示します。今までと異なる新しい考え方が身に付くことで大きく成長するかもしれません。
また、その友人と何となく不穏な状態(実際は仲良くても、心の中に多少の不満が生まれていたりなど)になっていることから見る場合もあります。
自分自身の分身にせよ、実際の友人との関係にせよ、共に警告とアドバイスを含んだ夢になります。夢の中の喧嘩で得たヒントを生かすと、新しい分野で成功したり、友人と新たな関係を構築出来たりと役に立つかもしれません。

昔の友達の夢
昔の友達の夢は、状況によって様々な意味になります。以下は例です。
昔の同性の友達が出て来る夢は、今の人間関係に不満があることをあらわします。これは、昔の気持ちを思い出し、今の人間関係にも前向きになりなさいという暗示の夢になります。
昔の異性の友達が出て来る夢は、学生時代は異性と親しく話せたのに、今はうまく話せないし、異性との縁もないという寂しさをあらわします。原因は異性を意識しすぎて、不自然になっていることです。この夢は、昔を思い出して、異性と自然に接してみなさいという暗示の夢になります。 
昔の友達が笑顔の夢は、今の人間関係には、表面上の友達しかいないことをあらわしています。これは、深く付き合える友人を作りなさいということを暗示する夢です。趣味が同じ人など、共感出来る部分が多い人達と接することで、深く付き合える友人も出来るでしょう。
昔の友達と偶然再会して、ポジティブな気分になる夢は、現状の問題が解決する兆しの吉夢です。昔の友人と偶然に会って、ネガティブな気分になる夢は、今の人間関係に疲れていることを暗示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA