夜の夢・夜中の夢


夢占い事典目次

夜の夢・夜中の夢

基本的な意味
夜の夢や夜中の夢は、深層心理や無意識を象徴する夢で、夜より夜中の夢の方が深い深層心理を象徴します。心の奥にしまい込んでいて、普段は気づいていない恐怖心や不安や孤独感などについて、夜の夢や夜中の夢が教えてくれます。
また好きな事をして、楽しく夜更かしした自由な学生時代を連想させたりする楽しい夜の夢は、束縛からの解放や自由気ままな生活などを求める心の声を暗示しています。
    
夜や夜中に異性といる夢
良いイメージの夢なら、誰かしらの異性と親密な仲になることを暗示します。また、深夜12時前の夜をイメージする夢ならアバンチュールな軽い付き合い、深夜12時過ぎの夜中のイメージならステディな関係といった感じで、親密度は夜の夢よりも夜中の夢の方が増します。
      
夜や夜中に一人で外出している夢
夜や夜中に一人で外出している夢は、あなたが孤独感に襲われていることを暗示します。また、その孤独感は夜の夢よりも夜中の夢の方が強いものとなります。
    
徹夜の夢
徹夜の夢は、あなたが無理をしすぎていることや不摂生で不規則な生活をして、自然のリズムと異なる肉体的に無理があるような不健康な生活をしていることを暗示します。
    
夜空の夢
夢の中で、夜空にきれいな星があるのを見たら、願いが叶ったり、幸運が訪れたりする暗示です。あなたの良い未来を象徴する吉夢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA