小周天の達成を飛躍的に早める青城派の秘技(仙道功法)

青城派

小周天の達成を飛躍的に早める青城派の秘技(仙道功法)

雇用や病気や周囲の国の状況、また天災などの災害・・・生きていく中では、いろいろと不安なことが多いものですね。

特に今はバブル期以前のような雇用の安定もなければ、平均年収も30年前より下がっている現実(物価は30年前より上昇・・・)、またコロナや大地震や老後の不安といった様々なネガティブ要因・・・

そんな中で、一人一人が何かを勉強したり、資格を取得したり、手に職的なものを身に付けたり、リストラになっても良いように副業などを始めたり、体を鍛えたりと・・・

必死に何かを頑張っていたりします・・・

また、ヨガや気功や瞑想などの静かなブームも、そんな流れの一つに挙げられます。

特に、今回の話題である気功を例にしてみても・・・

気功で健康に長生きしたい。
気功で心を安定させたい。
気功を続けて不思議な能力を身につけ、人生をより良く生きられるようにしたい・・・

といったように、いろいろな目的で気功をしている人たちがいます。

そんな気功の中の一つの達成点として、小周天という段階があります。

正直、気功の世界で、小周天が出来る段階に到達したら、ほぼ気功の達人と言えます。

それだけに、小周天が出来るようになるまでには、とてつもない時間がかかりますが・・・

督脈(背骨)の気感(気の流れ)を良くして、小周天の達成を飛躍的に早める方法(秘技)が、青城派という道家の功法にあります。

それを、今回は紹介したいと思います。

      

青城派脊椎洗髄浄化功

1.寝てしまわなければ、姿勢は寝てても座ってても良いです。

目を軽く閉じて、腹式呼吸を繰り返します。ヘソの下の奥、下丹田と呼ばれる場所が熱くなったり、ビリビリしたりとした感覚が出たら、その感覚を肛門に移動させます。

上のような気感が湧かなければ、下丹田に気のボールがあることをイメージして、そのイメージを肛門に移すだけでOKです。

   

2.その気感やイメージのボールを肛門から背骨にそって、霊台のツボまで上げます。

霊台のツボ(京都医健専門学校のホームページより)

       

3.息を吐きながら、霊台に上げた気感またはイメージ(気のボール)を、背骨や背中全体をシャワーで洗い流すようにしてゆっくりと下ろします。

気感やイメージした気のボールが、水の塊からシャワーのような感じになって、背骨や背中全体を洗い流すイメージで下ろします。

    

上のことを毎日行なっていると、脊椎の気感(督脈の気の流れ)が良くなって、小周天を行いやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA