台風・嵐の夢


夢占い事典目次

台風・嵐の夢

       

基本的な意味
暴風状態の台風や嵐の夢は、人間関係においての衝突や対人関係の悪化や自分自身の心が不安定になっていることなどを暗示します。また台風や嵐の夢には、大きなチャンスの到来や大きな運気上昇といった人生の転機を暗示する場合もあります。

台風や嵐がやってくる夢
台風や嵐がやってくる夢は、大きな転機や大きな変化がやってくることを暗示します。それが暴風の台風や嵐だった場合、順調だったものが悪い方向に行きかねないぐらいの大きな変化があることを暗示します。それに負けると転落しかねませんが、それを乗り越えることでさらに大きな幸運をつかむことも出来ます。台風や嵐が来る夢を、不運な状態の人が見た場合は、大きなチャンスの到来や大きな幸運の到来を暗示する吉夢になります。

嵐や台風が過ぎ去る夢
トラブルや悩み、あなたが今現在体験している大きな環境の変化なども終わって、一段落することを暗示します。大変で苦しい状況も、ラッキーな状況も過ぎ去って、通常の状態に戻ります。また、台風や嵐が過ぎ去った後に被害が残った場合は、何らかの問題の事後処理に時間がとられることを暗示します。

台風や嵐で被害をこうむる夢
何らかのトラブルや問題が発生することを暗示します。台風や嵐で家が壊れる夢は、財産を失うといった家庭のトラブルや、家族や自分の身に健康問題が起きたりすることなどを暗示します。

台風や嵐で吹き飛ばされる夢
自分が吹き飛ばされる夢は、感情が不安定になっていて、ちょっとのことで怒ったり悲しんだりと心が揺れ動きやすいことを暗示します。ものが吹き飛ばされる夢は、トラブルの発生や何かを失うことに対する恐怖感などを暗示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA