バレンタインデーは、ツバメのコンパの日!?


バレンタインデーは、ツバメのコンパの日!?

本日は、バレンタインデーでしたが、どうしてこの日が男女の告白の日になったのでしょうか?

それを調べてみました。

まず、バレンタインですが、こちらはキリスト教が迫害されている3世紀のローマに実在した司祭の名前です。

以下が、聖バレンタインの大まかな逸話になります。

・・・

キリスト教迫害下のローマにおいて、キリスト教の司祭であった聖バレンタインは、多くの人々を助けながら、布教活動を続けていました。

ある時、時のローマ皇帝クラディウス2世は、兵士の士気が落ちるのを恐れ、兵士が結婚することを禁じました。

しかしバレンタインは、国中に言い渡された、その命令に背き、愛し合う恋人たちの結婚式を執り行いました。

そして、それが元で捕らえられ、処刑されたと伝わっています。

聖バレンタインの、この逸話から、聖バレンタイン=愛のキューピッドというイメージが生まれたものと思われます。

また・・・親切で優しく愛が深い聖バレンタインのところには、野鳥であるツバメなどの小鳥さえ寄って来て、彼の手から餌を食べたという逸話もあります。

そして、当時のヨーロッパの一部では、2月14日にツバメが伴侶を選ぶという言い伝えがあり、これらが合わさって、2月14日が好きな相手への告白の日となったようです。

また2月14日が殉教の日とも言われていて、その殉教の日をバレンタインデーにしたという説もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA