ちむどんどんのロケ地は?


ちむどんどんのロケ地は?

今回は、今話題になっている沖縄が舞台のNHK朝ドラ『ちむどんどん』によく出て来る場所を中心にロケ地を調べてみました。

最初は、小中学校からみていきたいと思います。山原中学校と山原小学校に使われた場所は、栃木県大田原市の旧須賀川小学校になります。

       

旧須賀川小学校(栃木県フィルムコミッション公式サイトからの画像)

      

旧大田原市立須賀川小学校の地図

        

次に、山原高等学校のロケ地です。山原高校のロケ地は、沖縄県名護市にある旧名護市立嘉陽小学校を利用した美ら島自然学校です。

     

美ら島自然学校(美ら島自然学校公式サイトより)

      

美ら島自然学校の地図

         

比嘉家のロケ地です。比嘉家のロケ地は、株式会社カタリストというところで運営されている「むいの宿」という沖縄県国頭郡東村高江にある宿泊施設です。
家の外観が「むいの宿」で・・・家の中は渋谷にあるNHKスタジオのセットになります。

    

むいの宿(むいの宿公式サイトより)

      

むいの宿の地図

        

主人公の通学路にある沈下橋は、名護市の有津川(あっつがわ)にかかる橋です。

     

Googleストリートビューからの画像(有津川の沈下橋)

     

沈下橋地図(沖縄県名護市天仁屋)

     

その他には、名護市や本部町からの移住者も多く、沖縄タウンと呼ばれる横浜鶴見の仲通商店街も『ちむどんどん』の主要な舞台になります。

Googleストリートビューからの画像(横浜市鶴見区仲通商店街)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA