日本最初のテレビCMは?


日本最初のテレビCMは?

テレビCMのロケ地などを調べたりしている中で、日本最初のテレビCMは何だったんだろうと気になったので調べてみました。

調べてみたところ、日本最初のテレビCMがすぐに分かりました。

日本最初のテレビCMは、日本最初の民放テレビ局として、日本テレビが開局された昭和28年は1953年の8月28日正午に放送されました。

この時、放送された最初のテレビCMは精工舎の時計のCM 兼 時報のCMになります。

精工舎は、今のセイコー(セイコーホールディングス)ですね。

日本最初のCM(セイコーの公式チャンネルより)

最初のテレビCMは、日本テレビ創設者の正力松太郎社長によるあいさつで始まり、西武グループ創始者で国会議員だった堤康次郎衆院議長の祝辞、当時のタカラジェンヌ月組トップ天津乙女による日本舞踊などを経て、正午になったタイミングで(CMが)流されました。

ただ、それは・・・
「精工舎の時計が正午をお知らせします」という、時計とアニメの映像にナレーションが付くCMの予定だったのですが・・・

初めてのCMということで、テレビ局のスタッフも慣れていなくて、映像にも音声にも不具合が発生し、すぐ中止になってしまいました。

ただ同日の午後7時、2回目の放送では、正常にCMが流されたようです。

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA