為替とは



「今回はFX入門の第一回目として外国為替の話をしていきたいと思います。
まず最初にFXを英字で略さずに言うと、外国為替証拠金取引といいます。FXは、その名前の通り外国為替を使った金融取引の事になります。
そのため、まず外国為替とは何かということについてから説明をしていきたいと思います。」


「外国為替ですね。ニュースなどでよく耳にします。難しそうですね。」


「為替の意味は簡単なので、さっそく説明を始めたいと思います。
外国に旅行などで行く時に日本円をアメリカドルに交換したり、ユーロに交換したりといったことをするかと思います。まさにその通貨を交換する行為を為替と言います。金融取引では、ただ通貨を交換するだけでは意味がないので、通貨交換によって利益を出すことを目的としています。
それを為替取引といい、FXも為替取引の一種になります。」


「外国為替とは、つまり異なる国の通貨同士を交換する事を言うのですね。また通貨の交換で利益追求をする事が為替取引なのですね。」


「はい、そうなります。また外国為替は、略して単に為替と言ったり、ほかには外為(がいため)等と言ったりもします。」


「ところで為替取引ではどうやって利益を出すのですか?」


「はい。では為替取引での利益の出し方について説明をしたいと思います。
たとえば、仮に手数料がないものとして以下のような例を見てみたいと思います。
10万円を1ドル100円で交換(計1000ドル)→旅行などをしてから日本に帰国→帰国したら円安ドル高でドルの価値が上がって1ドル120円になっていた→海外旅行で出国時に交換した1000ドルを使わなかったとして円に交換→1000ドル=12万円→出国時の10万円が12万円になって2万円の利益
上のようにドルや円など、それぞれの国の通貨の価値が変動して交換比率が変わることで利益を出すことが出来ます。
最後に…為替に関したその他の用語を説明したいと思います。
先ほど、通貨を交換することが為替だと説明をしましたが、通貨同士の交換比率は為替相場や為替レートと呼んでいます。たとえば為替相場の変動などといった場合は通貨ごとの価値が変わって交換比率が変動する事を指しています。
また、為替取引で利益を得るためには専用の取引場所も必要になります。そうした為替の取引場所を、通称外国為替市場と呼んでいます。いわゆる、株取引でいうところの株式市場になります。」


【為替】
小切手や為替手形、銀行振込や郵便為替など、現金を直接送金する以外の方法によって、金銭を決済する手段全般を指す言葉。国内の遠隔地や海外へ書留などで現金を直接送付する場合の紛失盗難などのリスクを避けるために用いられる手段。

【外国為替】
為替の手段によって、金銭を直接送付することなく、国際間の決済を行う事。金融関係の取引などでは、必ずしも国際間の取引は前提とせず、銀行での外国通貨と自国通貨の両替(現金同士の交換のため、本来の為替とはやや異なる)や外貨預金などの通貨同士の交換も外国為替と呼ぶ。FXでの為替(外国為替)は金融機関で使われている後者の意味でのものになる。

次回は、外国為替市場です。
FX入門目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA