帰宅する夢


夢占い事典目次

帰宅する夢

        

基本的な意味
帰宅する夢で自宅(家)は、落ち着ける自分の内面を象徴します。そうしたことから帰宅する夢は基本的に、自分を見つめる自己反省、外での建前を捨てて自分の本音と向き合う必要性、つかの間の休息やあわただしい何かの終わりなどをあらわします。

自宅に帰って、気分的に落ち着く夢
自宅に帰って、気分が落ち着く夢は、外で自分を出せずに、我慢ばかりして疲れていることを暗示します。人の目を気にしすぎたり我慢しすぎたりせず、少しずつ自分を出していくと良いかもしれません。

誰も居ない家に帰る夢
誰も居ない家に帰る夢は、孤独感を暗示していて、頼れる友人関係や家庭などが築けていないことをあらわしています。また恋人や結婚相手の愛情が、感じられなくなっていることなどを暗示する場合もあります。愛情が感じられなくなったのは、相手に原因があるのではなく、相手を気づかわない傲慢なふるまいや横暴なふるまいで、あなた自身が相手を遠ざけるようにしてしまっている可能性もあります。

家に帰ったら、良いことがある夢
家に帰ったら、家族が宝くじに当たって金持ちになっていたや、懸賞に当選して欲しかったものが家にあるなどの(家に帰ったら)良いことが起きる夢は、今悩んでいる問題の解決が近いことを暗示する吉夢になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA