IPO株(新規公開株)



「今回は新規公開株、英語の略称でIPO株についてです。」


「よろしくお願いします。」


「最初にIPO株とは、新規公開株や新規上場株といって、それまでその会社関係者などの間でしか取引出来なかった株を、広く一般の投資家が購入出来るように、東京証券取引所などに新しく上場した公開株の事を言います。また新規に上場するIPO株は人気が高く、抽選などに当選した人が公募価格で購入出来ます。IPO株の初値は抽選の公募価格よりも高い事が多く、抽選に当たって公募価格で買って、初値で売ると即座に大きな利益が出る事も少なくありません。」


「うらやましい話ですね。」


「運が必要になりますが、当たると初値で利益を出せる確率が高いのは魅力的ですね。また新規上場する企業には、話題のネット企業なども最近では多く、上場してからも人気投票的にどんどん株価が急騰して、異常な株価になる事もあったりします。そのため、うまく売り時を見極められれば、かなり大きな利益を得られる可能性もあります。
また時価総額が小さいIPO株などは、上場後に激しい株価の乱高下を繰り返す事も多く、ハイリスクハイリターンな事もよくあります。とにもかくにもIPO企業の上場後の状況や業績が確定するまでの間は、IPO株の相場や適正価格が誰にも不明なため、大きな乱高下を繰り返す事が、IPO株の場合少なくありません。そのため、相場観のある人や経験の高い投資家などはその動きを利用して大きく儲ける人などもいますが、たいていの投資家にとってそうした乱高下に乗るのは危険も多く伴います。」


「大きいリターンには大きいリスクも伴いますね。」


「はい。そのため初心者の場合は、IPOでも安く手に入る小型株を公募の抽選で買って、初値で売ったり・・・
ある程度、IPO株の値動きが確立して、安定した頃に投資した方が良かったりします。
また従来の大企業株などとの関係では、トヨタなどのメジャーな株が買われる時は、IPO株は売られて、メジャーな株が売られる時にIPO株が買われるという関係があったりするので・・・
メジャーな株が買われる時にIPO株を買って、メジャーな株が売られる時にIPO株を売ると、IPO株を安く買って高く売る事が出来る可能性も高いかもしれません。
ただ大相場と呼ばれるような時は、全ての銘柄が上がるので、この法則は当てはまりませんが・・・。」


「安く買えるIPO株もあるのですね。」


「はい、全てのIPO銘柄が一般投資家に買えないほど高いわけではないですね。またIPO株は、数週間とか1ヶ月とか最初の間は株価がぐんぐん急上昇しても、その後は下がっていく事もよくあります。相場が不明なうちに上がり過ぎて、割高になり過ぎる事も多いためです。
そうなると、一度株が市場ではけてしまわないと、需給関係が改善せず、株価が上がりにくくなります。それでも、IPO企業は業績が日ごとに上昇しているところも多いため、市場で株が売られて、需給関係が改善すると、また株価に良い動きも出て来て、利益を上げやすくなります。
たとえば、株のチャートで鍋底チャートという鍋の底のような形になるチャートがあるのですが・・・良質な銘柄がIPO後に売られて、株価低迷の状態が続いてる時(株価が鍋の底状態の時)にそうした株を買っておくと、反転してIPO後以上に株価が大きく上がる事もあります。理由は、上場後の売りが落ち着いた頃になると、良質な銘柄などは長期で保有したい大口投資家なども多く、売りが落ち着いて、底値になった頃にそうした投資家達の買いが入り出すからです。その反発高は上場直後以上の株価まで大きく上がる事も多いようです。」

IPO=新規株式公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA