指輪の夢


夢占い事典目次

指輪の夢

基本的な意味
婚約指輪や結婚指輪のように、指輪は愛情面などで、特別な意味を持つことも多く見受けられます。そうした特別な意味を、時として持つ指輪の夢は、愛や約束といったものを象徴します。
    
指輪を見る夢
片想いの人の指輪を見る夢は、片想いが成就する暗示です。特に片想いもないシングルの人の指輪を見る夢は、新たな出会いを暗示します。新しい恋のチャンスが訪れるでしょう。既婚者の場合は、夫婦生活への疲れやマンネリ感などを暗示する場合があります。浮気や不倫などに気をつけましょう。
    
指輪をはめている夢(恋愛面)
恋愛面において指輪をはめている夢は、恋愛運の上昇をあらわし、恋人やパートナーとの愛情が順調に育っていることを暗示します。
    
片想いの相手に指輪をプレゼントする夢
夢の中で受け取ってもらえたら、恋愛成就を意味します。受け取ってもらえなかったら、片想いが、まだまだ続くことを暗示します。
    
恋人に指輪をプレゼントする夢
恋人に指輪をプレゼントする夢は、結婚が近いことを暗示します。
    
異性から指輪をもらう夢
異性から指輪をもらう夢は、恋愛が成就し、愛情に満たされることを意味します。思い当たる相手がいない場合は、対人運や仕事運の上昇などを暗示します。
    
指輪を外す夢
指輪を外す夢は、恋を失う可能性や離婚の可能性などを暗示しています。
    
指輪を無くす夢
指輪を無くす夢も、指輪を外す夢と同じで、恋を失う可能性などを暗示します。
     
指輪がうまくはまらない夢
きつかったり・ゆるかったりして、指輪がうまくはまらない夢は、夫婦関係や恋愛関係やその他の人間関係などが、ぎくしゃくしてうまくいっていないことをあらわしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA