タクシーの夢


夢占い事典目次

タクシーの夢

        

基本的な意味
タクシーの夢には基本的に、誰でも良いから助けてほしいといった救いを求める気持ち、協力者や援助者の登場、協力や援助に対する相応の代償代価といった意味があります。

一人でタクシーに乗る夢
他人に依存するタイプの人が多く見る夢です。この夢は、他人(協力者など)に主導権を握られて、見返りなどを求められたりすることを暗示します。ただ、タクシー運転手は特定の人とは限らないので、現実で依存する相手もその都度変わることを暗示します。

タクシーを呼ぶ夢
何か問題やトラブルなどをかかえていて、誰かに助けてほしいと思っているような時に見る夢です。

タクシーを運転する夢
一人で解決出来ないような問題を自分だけでかかえこんでいることを暗示します。心の中では、誰かに助けを求めた方が良いと分かっているような時に見る夢です。

片想いの相手とタクシーに乗る夢
四六時中、片想いの相手のことばかり考えていて、他に何も手につかないような状態になっていることを暗示します。思考的に片想いの相手に主導権を握られていて、時間という対価(見返り)を浪費している状況です。

異性とタクシーに乗る夢
シングルの場合は性的な衝動が高まっていることを暗示します。恋人がいたり家庭を持っていたりする場合は、浮気願望や不倫願望などがあることを暗示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA