冬の夢・冬休みの夢


夢占い事典目次

冬の夢・冬休みの夢

基本的な意味
冬の夢には、運気の停滞・活動の停滞、休息、終わり、物事の区切り、新たな目標への準備といった暗示があります。この夢を見た時は、運気が停滞している時なので、何かを積極的に始めて実行するよりも、成功するためにじっくりと計画を練るなどと準備に力を入れた方がベターです。
     

寒い冬の夢
冬の寒さを感じる夢は、<実際に冬で気温が低くて、布団の中にいても、体が寒さを感じている場合>と<周りから孤立していたり、冷たい処遇にあっていたりすることを暗示する場合>の物理的理由と精神的理由の2通りがあります。前者の場合は、温かくするなどして、寒さで体調を崩さないように気を付けましょう。後者の場合は、周りとコミュニケーションをとるなどして、孤立から抜け出すことが必要です。
    
冬の花の夢
冬に咲いている花の夢は、一途な恋愛や忍耐強く耐える恋愛などを暗示します。
    
冬から春になる夢
冬から春になって、少しずつ暖かくなるように、停滞していた運気が少しずつ良くなっていくことを暗示します。不遇だった事態や状況も、少しずつ好転していきます。仕事に勉強に恋愛にと、冬に準備を進めていた人達に、前へ進むべき時期が来たことを教えてくれる吉夢でもあります。
       
冬休みの夢
冬休みになる夢は、休養の必要性を暗示しています。冬休みを楽しみにしている夢は、誰かの助けが必要なことを意味し、一人ではやるべきことを何も出来ないままズルズルと時間が過ぎてしまうことを暗示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA